整骨施術(保険診療)

当院での整骨施術には、健康保険や生活保護法による医療扶助、労災保険や自賠責保険が適用されます。 これらの保険が適用される範囲は、前述した急性又は亜急性が原因の外傷に対する治療です。医師の同意が必要なのは「骨折」「脱臼」の応急手当を除く治療を施すときだけです。 打撲、捻挫、挫傷などは医師の同意は必要ありません。 慢性的な肩こりや内科疾患が起因の腰痛などに対する施術は健康保険の対象外となります。 また、仕事中や通勤途中のケガは労災保険適用です。交通事故によるケガは自賠責保険の適用となります。 詳しくは当院スタッフにお問い合わせください。

 
丁寧な施術を心がけています フットマッサージも併用します 干渉波治療機



超短波(マイクロ波)とは

超短波(マイクロ波)は極超短波とも呼ばれています。周波数は2,450MHzと超短波の約100倍(1秒間に24億5千万回の振動)で超短波よりも温感が高く、筋肉や関節の治療に効果が高いのが特徴です。

 
 超短波による局所の温熱効果
 ・血行を良くする。
 ・神経痛や筋肉痛の痛みの緩和。
 ・筋肉のコリをほぐす。
 ・筋肉の疲れをとる。
 ・胃腸の働きを活発にする。
 ・疲労回復。
超短波治療器



柔道整復師とは

柔道整復師とは、骨・関節・筋・腱・靭帯等に加わる急性、亜急性の原因によって発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷等のけがに対して手術をしない「非観血的療法」により、整復・固定等の治療を行うことができる専門家を言います。 柔道整復師の施術とは整復法、固定法、後療法の3手技を指します。

1.整復法とは骨折した箇所を元の状態に戻す、また肩などの関節が外れた場合、元に戻すために操作する技術の事です。

2.固定法とは骨折や脱臼などをしてしまった場合に三角巾や包帯、副木などを使って患部を固定する治療法の事をいいます。

3.後療法とは損傷した組織を回復させる治療法の事をいいます。後療法には大きく分けて「物理療法」「運動療法」「手技療法」の3つの治療法あります。



患者様の声

S様(通院歴~5回)
鷺宮中杉通り整骨院さんへ通うようになって肩から背中、腰のだるさや疲れが軽減しました。個室での施術が受けられるので小さい子供を連れて行けるのでとても助かります。これからもどうぞよろしくお願いします。

A様(通院歴~7回)
院長の坂口先生の優しく丁寧な施術は安心できます。時間帯も20時までやっているので、仕事帰りにも行けてとても便利です。駅から近いというのも良いですね。